老化は誰にでもあるもので、年齢を重ねていけば必ず老化をしていくことになります。

老化を完全に防ぐことはできないわけですが、工夫をすることによって遅らせることは可能です。

そして老化を遅らせることができる食材としてトマトがあります。

なぜトマトを食べると老化防止につながるのか、これには抗酸化作用という働きが関係しています。

では、そもそも老化とはいったいなんなのでしょうか。

 

老化するという意味

老化は酸化という言葉に置き換えることもできます。

たとえば、金属は時間が経過するとだんだんサビていき劣化してしまいます。

硬い金属でもサビることでボロボロになってしまったりしますが、これは酸化が原因になっています。

人間の体でも同じようなことが起きており、金属のようにサビるわけではありませんが体が酸化することで老化現象が発生するのです。

つまり、老化を防ぐためにはいかに体を酸化させないか、これが大きなポイントになってきます。

 

酸化を防ぐトマト

そこでトマトの持つ抗酸化作用が力を発揮してくれます。

抗酸化作用というのは文字通り酸化に抗う、酸化を防止する作用のことで老化防止効果を持っています。

老化の根本的な原因である酸化を防ぐことができるわけですからこれ以上の老化防止対策はないでしょう。

トマトには各種ビタミンが豊富に含まれているのですが、このビタミンが高い抗酸化作用を持っているのです。

もちろん、他の食材にも抗酸化作用は含まれていますが、トマトは他の食材と比較しても抗酸化作用が強いのが特徴です。

 

毎日摂り入れやすいトマト

毎日の食事の中でトマトを積極的に食べるようにするだけで手軽に老化対策ができてしまうわけです。

トマトが体に良いということを知っている方はたくさんいますが、どう体に良いのか、どんな働きがあるかまでしっかり把握している方はそれほど多くないと思います。

最近ではダイエット効果があることはよく知られるようになりましたが、ダイエットだけではなく老化にも大きな効果を発揮してくれるのがトマトです。

ダイエットをしながら若返り、なんてこともできるのがトマトですから非常に魅力的です。